【お客様のじゃない一台!!】スタッフ・スズキこだわりのEVO BLACK INC!【スタッフバイク】
by: 鈴木 幸貴

 

どうも。

スズキです。

 

今日はいつもとはちょっと趣向を変えまして、私・スズキの自転車をお見せしようかなーと思います。

 

いろんなスタッフが

いろんなスタッフバイクをご紹介させて頂いておりますが、

 

まさか私が自分の車体を紹介できる日が来ようとは!!!!!

 

 

いや、私も、もちろん自転車そのものはいろいろ持ってるんですけども、

何と申しますか、なかなかこう人様にお見せできるようなものがなくてですね。

 

 

ここへ来てようやく私のメインバイクが新しくなりましたので、

それをまあひとつの契機としたく、ご紹介させて頂きます!!!

 

 

20150411_myNANO_15.jpg

 

CANNONDALE 2014 SUPERSIX EVO “BLACK INC”

 (w/Campagnolo CHORUS 11s + SHAMAL ULTRA Wheels

 

ちょっと前に名古屋カスタム館の記事で

我らがてんちょー・梅林がフライングでネタバレしちゃってた、例のアレです。

もうあれからひと月にもなるんですねえ…(遠い目)

 

 

私を知っている皆さんにしたら、

「え!?なんでスズキがキャノンデール???」

って思われるかもしれません(当店の他のスタッフにはそう言われました)

 

なんか知らないですけど、皆様、私にヨーロッパのイメージをお持ちになってているようで。

キャノンデールといったら「アメ車」ですからね。

 

実際自分でも、まさか自分がアメリカンブランドに乗ることになるとはと思ってます(←思ってんのかよ)

 

でもそんなイメージをブチ破ってでも、「これにする!」と思わせた何かが、そこにはあったのです。

 

 

それは、

 

カッコイイ!!!

 

これですね。

 

 

CANNONDALEELITE ROADカテゴリーでも頂点に位置する、

このSUPERSIX EVO “nano” BLACK INCは、

いつものCANNONDALEのイメージを覆さんばかりに、

 

真っ黒です。

 

この控えめで自己主張しない感じに惹かれました。

こういうカラーリングの方が、自分ならではのこだわりを演出しやすいのです。

 

 

【こだわりポイント その1】

 アクセントカラーは黄色!!!

 

そうなんです。

 

この仕事を始めてから数多くのお客様をご案内させて頂きましたが、

やはり性能はもとより、ルックスにもこだわりたいというお声をよく聞きます。

 

で、気になっている完成車に好みのカラーリングがない!という場合、

「フレームカラーはシンプルなものにして、パーツでカラーコーディネートを」

とご提案させて頂くことも多いです。

 

それがまさにこれ。

私の場合は、もう一台のロード(クロモリフレーム)の頃から実践しておりまして、

その際のアクセントカラーが黄色!!!なんです。

 

 

個別に見ていきますと、

 

20150411_myNANO_09.jpg

 

サドル!!!

(fi’zi:k ARIONE CX BRAIDED)

 

 

20150411_myNANO_11.jpg

 

ペダル!!!

(SPEEDPLAY ZERO STAINLESS)

以前の車体から移植のため汚いです…(´Д`; )

 
 
そしてぇぇ
 
20150411_myNANO_13.jpg
 

バーテープ!!!

(SUPACAZ CUSH TAPE)

巻いてみたらなんかすげーバナナっぽくなりましたけど

 

などなど。

ちなみにこれらの品はどれもこれも限定カラーでしたので、次はありません!!!

 

 

しかしながら、黄色パーツでもここまでコーディネートできるんです。

当店TECHスタッフ山田(博)をして

「黄色でも揃えようと思えば揃えられるもんですね」

と言わしめるほどに。

 

 

20150411_myNANO_19.jpg

 

タイヤは懐かしのMICHELIN PRO3!もう一台のロードからまるまる移植しましたが、

本当はもうそろそろかえないといけませんね

 

 

そしてここも。

 

20150411_myNANO_08.jpg

 

いつも、リアディレーラー部分のシフトアウターだけカラーを入れるんです。これも、密かなこだわり。

 

 

【こだわりポイント その2】

 カンパ! カンパ!! カンパ!!!

 

CANNONDALEにカンパ!?って意外に思われるかもしれませんが、

2010年頃のLIQUIGAS DOIMOチームはキャノンデールにカンパの組み合わせで走ってた、

というのはロードレースファンには衆知の事実。

 

20150411_myNANO_21.jpg

 

ですが。

そんなことはさておいたとしても、カンパ、

 

かっこいいじゃないですか☆(←そればっか)

 

 

そうなんです。

私、カンパニョーロLOVEなんです☆

 

そんな私が今回選んだのは

 

CHORUS!!! 

 

20150411_myNANO_07.jpg

 

カンパのラインナップではSUPER RECORDRECORDにつぐ3番手のグレードですが、

名古屋店(ウェア館・カスタム館含む)の中でも数えるほどしかいない「非ガチ勢」の私にとっては

これでもじゅうぶんすぎるスペック。

 

それになんといっても、パーツのグラフィックにが入ってないところがCHORUSの魅力です(笑)。

 

しかもこのCHORUS、旧型です。

それも一応私のこだわりってことにしておいてください。

 

これなんです。

 

20150411_myNANO_02.jpg

 

クランクは5本アーム!!!

 

これが好きで、わざわざ旧型で揃えました。あるうちに集めといて本当によかった

 

昔まだスポーツ自転車の世界に興味を持ち始めたばかりで、ロードバイクなど当然まだ持ってない頃、

いろいろと雑誌やらカタログやらを見比べながら

「シマノに比べると、カンパは悪魔みたいなデザイン(←いい意味で)やな…」と思っていたことも、

今となっては懐かしく思い出されますが、

この旧型の5本アームの方がよりディアボリックというか(笑)、悪魔的な雰囲気を醸し出してるように

感ぜられて好きなんですね。

 

20150411_myNANO_14.jpg

 

ともかくカンパは工業製品というよりは芸術品って感じで、さすがのイタリアンデザインだな、と。

 

もう一台のロードにもカンパがくっついてますが、そちらはCENTAUR(しかも、シルバー)ベースのミックスコンポでしたので、

遅ればせながらこちらでようやっと11速デビューとなります!!!ザ・業界標準!!!

 

 

そしてホイールもカンパニョーロ。

アルミリムクリンチャーホイールの最高峰(←このフレーズももう手垢まみれですが)

 

20150411_myNANO_06.jpg

 

SHAMAL ULTRAです!!!

 

これは以前から持ってたホイールですが、はっきり言って最高です。

いいホイールってのはこういうことなんだなと思い知らされるできばえ。

軽いし、見た目もカッコイイ!!!

 

こんな真っ黒な車体に乗ることを予想していたわけではないんですけど、ダークラベルを選んどいて正解でした。

 

 

さらに。

カンパへのこだわりはこんなところにまで!!!

 

20150411_myNANO_01.jpg

 

CAMPAGNOLOロゴ入り、純正ワイヤーアジャスター。

「こんなの何でもいいじゃん!」ってなりがちなんですけど、こういうところにこだわってこその自己満足(笑)。

 

 

【こだわりポイント その3】

 フィッティングパーツはすべてfi’zi:kで!!!

 

ハンドル・ステム・シートポストを選ぶ際、Dedaがいいか、3Tがいいか等々 さんざん悩みに悩みましたが、

結局私が選んだのは

 

fizik.jpg

 

です。

もともとサドルはfi’zi:kを愛用していましたので、それに揃える形となりました。

 

20150411_myNANO_03.jpg

 

20150411_myNANO_17.jpg

 

ハンドルは憧れのカーボン。

私の場合、てんちょー・梅林のように「月単位でパーツが変わる!」というタイプではないので、

思い切っていきなりええやつをチョイスしてみました。

 

 

 

そんな感じに仕上がった、私のニューマシン。

超軽量で知られるフレームということもあって、皆さん気になってるんじゃないですか?

 

お ・ も ・ さ !!!

 

 

ということで測ってみました。

 

実測、

6.4kg(((((( ;゚Д)))))!!!

(※ペダル込)

 

当店スタッフ齋藤をして

「軽っ!!! 何じゃこりゃ!!!」

と言わしめる軽さ。

 

繰り返しますがコンポーネントはCHORUSです。トップグレードじゃないんです、まだ上に2グレードあるんです。

それでもこの重量。

期せずして名古屋店最軽量スタッフバイクの仲間入りを果たしてしまいました。えへ。

 

 

できあがったばかりなのでちゃんと乗っていくのはこれからなのですが、

ほんの少し試走しただけでもぐいぐい進むフレームだというのがよくわかって、ビビりました(笑)。

 

EVO Hi-Modには試乗したことがあったので、その性能はある程度知ってはいましたが

驚きを新たにしましたね、ええ。

 

20150411_myNANO_16.jpg

 

 

この×でまとめた私のSUPERSIX EVO BLACK INC

ワイズロード名古屋本館のキャノンデールコーナーに、気まぐれに展示されてるかもしれません。

されてるときはぜひ見てやってください。

そして気になることがあればお気軽にスズキまでお声かけください。

 

今回の記事に書ききれなかったこだわり、まだまだ他にもありますので!!!

 

 

2015-04-13

スズキ コウキ

前の記事へ

次の記事へ