【インプレ】カーボンクリンチャーのヒルクライムでの検証と、デカいアレ
by: 梅林 康典

 

 

ご好評頂いている、梅林の

「カーボンクリンチャーはホイールの新たな地平を開くか?」

シリーズ。

 

これまでのインプレ記事↓↓↓

その1

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/post-520.html

その2

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/2-1.html

その3

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/12/3.html

その4

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/01/reynolds.html

 

今回は、ロングの練習の中に長い峠を盛り込み

登って下ってを繰り返すコースにて検証。

 

re.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高差2,400m、しかも「うめぞう練・秋冬の名物」

伊吹山からの強烈な北西の風

によって、帰り道はもれなく向かい風。

いろいろ検証できます。

本当にありがとうございます。

 

前回のインプレによって、いきない「重い」からスタートしてしまった

REYNOLDS  46 Aero

 

しかし、持ってみた重量に反して意外に登るのではという感触は

前回のインプレの通り。

 

平均勾配4~5%の緩い傾斜でありながら、

時折に現れる、10%の勾配での15kmを全力で走ってみての感想。

 

「使える。かなり使える」

 

おそらく、15%以上の「激坂」になると

「重さ」を感じてしまうとは思いますが

7%ぐらいの勾配でペースを維持していけるようであれば、

ホイールの速度を保とうとする力で進んでいけます。

また、一方で激軽ホイールのようなリムの軽さによる動きやすさは劣りますが

その分、リムの慣性を生かした走り方ができます。

たとえば、登りでコーナーを曲がりながら失速せずに走る

あるいは加速しながらカーブを曲がっていける走り方だと

ホイールの慣性によって、車体が安定するので

むしろ武器になります

 

一方で登った分の、下り。

15km以上の長い下りですが、勾配が7%以下の下りで

しかも麓からの風が吹き付けるので、ペダルを回していないと進まない状況になりますが

(なにしろ下っているのに、有酸素運動領域ギリギリ)

50~60km/hを維持するのがかなり楽。

どれぐらい楽かというと、

「先頭でブン回すホッシー壱号についていけるくらい楽」

というレベル。

さらに、その速度を維持したまま登り返しに入っていけるので

アップダウンのあるコースで、かなり有効です。

 

これは、前回に感じた

「若干、スポークのテンションが緩め」

というバランスによって生み出されているものと予想されますが

同時に、

「40mmでも50mmでもない、46mmという微妙なリムの高さ」

にもあるかと思います。

梅林のような「軽量型クライム・アタッカー」には

上手く使えるギリギリの高さと思われます。

 

現状で自分が感じている、REYNOLDSのカーボンクリンチャー 46Aeroは

「ディープリムを使いきれるほどの脚がなくても有効な、カーボンホイール」

という特徴になると思います。

スポークテンションが若干ゆるめなのも、コーナーリングで弾かれる動きが少ないので安心できます。

 

話は飛んで、もうひとつ最近お試ししているアレを。

re150123キツイ練 004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーボン・ドライ・ジャパン製

ビッグ・プーリー

 

いまさら?とは思われるかもしれませんが

これは無茶苦茶有効です。

 

ギアがアウター×ローになって

150123キツイ練 005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変速機がこんな向きになってしまっても、

余裕を持って踏み込めます。

 

これまでだと、アウター×ローの状況だと気をつけながら変速させないと

チェーンが勝手にインナーに落ちてスッポ抜けることが度々ありましたが

これを採用してから、細かいアップダウンのあるコースで踏み込んでも安心です!!

 

「え~~?眉唾っぽい・・・」

という方は、梅林は信用できなくてもこの選手は信用してください!!

 

モリコロヴェロフェスタ 003.jpg

左:全日本チャンピオン、佐野淳哉選手!!

 

先だってのモリコロパークでのイベントでお会いした際に、同様の

「アウター×ローでギアがスッポ抜ける」

という悩みを打ち明けられまして。

不詳・梅林、カーボンドライジャパン様をご紹介させて頂きました。

 

その後、双方の話し合いの結果

佐野淳哉 001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れて、正式にサポートが付きました!

 

佐野選手の感触としては

「走ってみると、確かに楽な気がする。

特にチェーンを綺麗にしたわけでもないのに、楽に進んでいる気がする!

少しの差かもしれないが、スピードの乗り方が以前より、気持ちいいです」

というインプレ。

 

このカーボンドライ・ビッグプーリー効果か

 

佐野淳哉 003.jpg

先だって開催された、2016年アジア選手権に向けてのプレ大会・伊豆大島にて

 

佐野淳哉 002.jpg

個人タイムトライアルにて、圧倒的タイムで優勝!!

 

すごいぞ、カーボンドライ・ビッグプーリー!!

すごいぞ、佐野淳哉!!

がんばれ、佐野淳哉!!

 

佐野選手は、この勢いで1/19日からタイにて開催される

アジア選手権の日本代表としてロード種目に

出場します!!

 

佐野淳哉.jpg

 

良い結果を待ちましょう!!

前の記事へ

次の記事へ