【RILDEY】女性だって、カッコ良く!!本気の仕様で組んでみました。
by: 梅林 康典

 

 

初心者の女性だからといって、「とりあえず」的な車体はイヤだ!!

というのが今回のお客様。

 

どうせなら、しっかりとこだわった本気の一台を造りたい。

 

ということで、選ばれたのはこちらのフレーム

RIDLEY 008.jpg

RIDLEY HELIUM

フレーム価格 ¥252,000- のミドルグレードに位置しながらも

他のメーカーであれば30マソ以上するである、圧倒的加速性能。

そして、意外な乗りやすさが魅力の実戦的マシン。

 

これを、

「まったくの初心者だけど、いずれイベントやレースも視野に入れたこだわりの仕様に」

という、おおよそ最初の一台をお買い求めになる方とは思えない、男前なご希望。

 

まずは、ホイール

RIDLEY 004.jpg

MAVIC  KYSRIUM 125

初回入荷があっという間になくなった、限定の超レア高性能ホイール。

この時点で、当初の予算から大きくはみ出すことが予想されます。

 

RIDLEY 003.jpg

なにも、高いホイールを無理に薦めたわけではなく。

フレームの加速性能を生かすべく、加速性に優れ

なおかつ初心者のかたでも安心して下りを楽しめる、エグザリットによる

制動力からのチョイスです。

 

そして、変速機パーツ

RIDLEY 006.jpg

思い切って、電動変速 11速アルテグラ

もちろん、変速の早さも売りですが

それ以上に、レバーが非常に小さいことと

ギアチェンジが楽になることが、むしろ上級者よりも初心者に推奨です。

 

RIDLEY 002.jpg

ステムは、3Tのマイナス17°ステムにてサドルとの落差を捻出。

ハンドルは梅林の最近のお気に入りの、EASTON EC70に

LIZARD SKINS のバーテープ。

手の小さい方だけに、梅林の実車を何度も触って頂いて納得。

電動アルテグラのレバーとあいまって、とにかく握りやすく安全に配慮してます。

 

RIDLEY 009.jpg

いくら電動変速でも、チェーンは落ちるときは落ちます。

そうなった時の転ばぬ先の杖。

チェーンウォッチャーは金色にて、カラーアクセントを。

 

RIDLEY 005.jpg

カラーアクセントといえば、MAVICのイエロー

ベルギーカラーとフランドルのイエローと合わせてあります。

こういったこだわりが、非常に大事です。

 

さて、こちらの完成した一台。

実測重量にて 6.9kg

電動変速にて、カーボンホイールを使わずにというパーツ構成の中では

けっこう軽くなりました。

 

しかし、それ以上に

楽に・軽く・速く・長く

乗ることができます。

正直、ステムを長くしたら梅林が今すぐに実業団レースに使えます。

それぐらいの戦闘力を秘めています。

 

RIDLEY 007.jpg

女性だから、初心者だからといって

遠慮することはありません。

ぜひ、本気のこだわりの一台のためにご相談ください!

前の記事へ

次の記事へ