• HOME
  • 商品紹介 -ITEM-
  • 【あなたはどっち?】ええ、もちろんココにも入荷しています!FENIX AL最新カラー!!

【あなたはどっち?】ええ、もちろんココにも入荷しています!FENIX AL最新カラー!!
by: 鈴木 幸貴

 

 

どうも。

スズキです。

 

 

梅雨に入って、なかなかはっきりしないぐずついたお天気が続いてますねえ。

 

めずらしく自転車で来ようと思った日の朝だけだったり、自転車で帰ろうと思った日の夜だけだったり、

たまのお休みに限ってだったりで、全然乗れてません(涙)

 

これは何かの陰謀ではないのか!?

 

 

 

そんな話はさておき、

今日も新商品をご紹介しようと思います。

 

既にY’s Road各支店のブログにもうpされてますのでご存知の方も多いかと思いますが…

 

こちらです!!!

 

20150619_fenixal3_00.jpg

 

RIDLEY 2015 “FENIX AL” NEW COLOR!!!

 

 

まさに、待望の入荷!!!といった感じですね。

 

2013年にファーストモデルがリリースされて以来、その人気がとどまるところを知らないRIDLEY FENIX

そのFENIXのアルミバージョンが初お目見えしたのが今からおよそ一年前。その時のカラーラインナップは

 

JP14A.jpg

・ベルギーチャンピオンカラー(JP14-A)

 

JP14B.jpg

・オーストラリアチャンピオンカラー(JP14-B)

 

JP14C.jpg

・イタリアチャンピオンカラー(JP14-C)

 

という展開でございました。

そのデザインとRIDLEYブランドの勢い、そして何よりコストパフォーマンスの高さのために、

 

「あっ!」

 

という間に完売となってしまいましたよね、ええ、そりゃあね。

 

 

そしてそれから数ヶ月を待たずに、第2弾カラーとして

 

JP14D.jpg

・ロシアチャンピオンカラー(JP14-D)

 

が登場しました。ファーストコレクションで一番人気のあったイタリアチャンピオンカラーを彷彿とさせる、

白ベースに三色旗モチーフのカラーリングのために、我々スタッフは「!!!」となったものですが(真意はご想像にお任せします)

これまた

 

「ああっ!」

 

という間に、そりゃ完売になりますよね、ええ。

 

 

その後、新カラー第3弾としてサイクルモード2014の場で発表されたのが今回の2色なんですが

発表からかれこれ半年以上を経ての登場ですので、本当に、本当に、

 

待ちに待った入荷!!!

 

といった感じです。

 

 

では。さっそくご紹介しましょう。

まずはこちら!

 

20150619_fenixal3_25.jpg

・Team Retroカラー(RETRO14m)

 

わかる人にはおわかりでしょう。

2014年シーズン、LOTTO BELISOL(現・LOTTO SOUDAL)が駆ったHELIUM SLのチームカラーを再現したRETROカラー。

 

先行して、私も買いかけた(!)同カラーの軽量カーボンフレーム

 

20150210_helium_retro_15.jpg

 

HELIUMがリリースされておりますが(現在は当店裏のY’s Road名古屋カスタム館にて絶賛展開中!)

このたび期待に応えてアルミのFENIXでも登場しました。

「RETROカラーかっこいいけど、フレームから組むのは予算的になあ…」

という方にはもう垂涎モノの逸品なのではないでしょうか!?

 

で。

 

今回のアルミバージョンはマットな仕上げでやってきました。

 

20150619_fenixal3_13.jpg

 

HELIUMが入荷したときは予想に反してツヤ有り仕上げだったので「!?」と思いましたが(いや、それはそれで全然いいんですけど、当初の情報と違ったので…)、今回のアルミに関してはマットのままで来たぞ、と。

 

LOTTO SOUDALのチーム名はどこにも入っておりません!

ので、シーズンを気にせず純粋にレトロカラーを楽しむことができます。

HELIUMではチームロゴが入っていたチェーンステー部分には、

 

20150619_fenixal3_19.jpg

 

FENIX 7005とのプリントが。

7005系のトリプルバテッドアルミチューブでできたFENIX、ということなのでわかりやすいっちゃわかりやすいんですが、

フォントの感じと、単語+4桁の数字っていうのが相まって、

 

「人工衛星的な何か」

 

っぽいものを想起せずにはおられません(私だけ?)

 

HELIUMのようなストレートなフレーム形状には勿論似合うレトロカラーですが、

ご覧のようにエッジの立った3次元的チュービングのFENIXとも相性はよいようです。

 

20150619_fenixal3_12.jpg

 

20150619_fenixal3_10.jpg

 

フロントフォークとリアセクションは黒で塗り分けられ、クラシック感を醸し出す「ヒゲ」がデザインされています。

 

20150619_fenixal3_18.jpg

 

トップチューブ上面にはこのように、RIDLEYからの熱~いメッセージ(?)が。

 

 

 

続いてはこちらです!

 

20150619_fenixal3_05.jpg

・Flandrienカラー (FLAN15)

 

これまた久しぶりに登場となるカラー!

数年前にはRIDLEY史上屈指の名車

 

excalibur.jpg

 

EXCALIBURに採用されて大人気を博し、その後にはシクロクロスの

 

x-fire.jpg

 

X-FIREでも復刻されたフランドリアン(※写真が小さいと違いがほとんどわからんですが)

こちらがアルミのFENIXでも!

黒ベースにイエローのアクセント、そして「フランドルの獅子」をあしらった、

ベルギーブランドたるRIDLEYのプライドを体現したかのようなグラフィック。

 

20150619_fenixal3_08.jpg

 

ご覧のように、チェーンステーにはWE ARE BELGIUMの文字。愛国心と誇りにあふれたキャッチコピーですよね。

 

「俺たちがベルギーだ!!!」

 

って言ってるわけですからね。

相当のプライドを持ったブランドでないとなかなかWE ARE JAPANとか言い切る度胸はないんじゃないかと思いますよ、ええ。

 

20150619_fenixal3_03.jpg

 

さらに、このようなデザインが。

これはあれですね、「ベルギーと言えば!」なパヴェ、所謂石畳の意匠ですね。

 

20150619_fenixal3_04.jpg

 

そしてダメ押しにダウンチューブにもでかでかと獅子の絵が。

何というか、全体的に強そうなデザインで、これまた人気が出ること間違いなしです。

 

 

 

パーツ構成的な部分はどちらも同じ、

 

20150619_fenixal3_16.jpg

 

20150619_fenixal3_14.jpg

 

20150619_fenixal3_15.jpg

 

SHIMANO5800系105をメインとしたミックスコンポに、

 

20150619_fenixal3_11.jpg

 

おなじくSHIMANOの11速対応エントリーグレードホイールRS010で手堅くまとめております。

この価格帯の105組み完成車としては定番の組み合わせと言えますので、

これからロードバイクを始める方にも安心してお使い頂けますよ。

 

20150619_fenixal3_09.jpg

 

シフトワイヤーはこんなふうにしてフレームの内部を走っていきますので、見た目もスッキリ!

あと、フレームのお掃除がちょっと楽になりますね(笑)。

 

 

キニナルお値段はどちらも¥185,000+TAX。現金購入で10%のクーポンが付いてきます。

 

 

さて我々Y’s Road名古屋本館は例のごとくガッツリ多めに発注しましたが、ちらほらご成約頂いておりますので

「いつでも買えます!」というわけには今回もいかなそうです…

 

 

ちなみに当店における2015/06/19現在の在庫状況は、

 

・Team Retroカラー … サイズXS×3、サイズS×2

・Flandrienカラー … サイズXXS×1、サイズXS×1

 

となっております。

なお対応身長等、サイズの詳細に関しては当店のバイオレーサー・フィッティングシステムにて要確認です。

 

 

繰り返します。

今のところはまだそれなりに数ありますが、これまでの例を鑑みるに、ある日突然瞬殺になってしまう可能性も大いにあります。

気になる方はお早めにお問い合わせを!

 

20150619_fenixal3_02.jpg

 

Y’s Road名古屋本館ヨーロピアン・プレミアム・ブランドコーナーにて、

期間限定RIDLEYコーナーを展開中!

日本サイクルロードレース界のレジェンド・三船雅彦御大に直筆サインをしてもらった、

 

mifune.jpg

 

「フランドルの獅子」特大フラッグの下でお待ちしております!

 

 

 

2015-06-19

スズキ コウキ

 

あ、あと多数のRIDLEY乗りスタッフもお待ちしております(笑)

前の記事へ

次の記事へ