カステリの高級冬ジャケット!高い?それとも安い?
by: 小西 真人

 

 

サソリマークでおなじみ、カステリのハイエンドジャケットが特価です!!

型落ちモデルですが、その機能は並みの現行ジャケットを軽くぶっちぎってます。

 

 

DSC06095.jpg

 

CASTELLI  MANNAGGIA JACKET  ¥44,800-  →  特価 ¥29,885-

 

安くなったといっても3万くらいしますが・・・これを高いとみるか安いとみるか。

 

 

DSC06073.jpg

 

前傾時のポジションを考えた、前を高く作った襟で、冷風をシャットアウト。

前と後ろで生地の厚みを変えてるところなんて芸が細かい。

 

DSC06074.jpg

 

胸元のチャックはポケットではなくベンチレーション。

暑くなったら開けて、冷たい空気を取り込むことでウェア内のコンディションを調整できます。

 

DSC06075.jpg

 

このジャケットの大きな特徴が、シャーリング。

肘や脇などの伸びが必要なところに配置することで、抜群の動きやすさを実現。

デザインの上でもいいアイキャッチになっています。

 

 

DSC06098.jpg

 

背中側。

 

DSC06080.jpg

 

キラキラ光る立体的な「T」マーク。凝ってます。

肩甲骨あたりのシャーリングで、肩の動きのストレスを軽減。

パネル数の多さも驚きです。

 

ちなみに、このシャーリング素材。

 

DSC06083.jpg

 

引っ張ると、こんな感じに伸びます。

ギザギザの部分が広がることで、抜群の伸縮性。まるでゴム素材のようです。

このあたりは、ぜひ店頭でご確認下さい。

 

DSC06081.jpg

 

腰部分にもそのシャーリングを配置。

真ん中のポケットは、リフレクター&フラップ付き。

ファスナーほど密閉性は高くありませんが、出し入れの容易さはこちらの方が上。

厚手の冬グローブなら特に。

 

内側。

 

DSC06084.jpg

 

防風・防寒は安心の、ゴア 「ウインドストッパー」。

いくらデキがよくても、冬ジャケットで一番大事なのは「暖かさ」です。

ゴツくなりがちなゴアですが、裏地の柔らかさと合わせて着心地も良好。

 

 

ハイエンドモデルだけあって、とにかく機能満載!

デザインもだいぶそれに引っ張られていますが・・・そこはカステリということで。

 

もはや一生モノと呼べる逸品です。

自慢できる冬ジャケット、手に入れてみませんか?

 

 

前の記事へ

次の記事へ