Di2の互換性(6770/6870mixの注意点!!)
by: 利國 真平

6870リリース当初、

 

RDとスプロケット、チェーンを交換すれば、11速化できる!!

と噂されていましたが、

 

実際にできてました◎(ただし、メーカー保証外)

 

5800世代105がリリースになっているので、

それらを使えば、RD-6870を含む3点で

パーツ代の最低予算ざっくり3万円ほどで、

Di2 6770 フルセットユーザーは、なんと11速化が出来たのです◎

 

しかしながら、

 

このほどシマノさんがファームウェアを更新したのに伴って、、、、

 

IMG_0136.jpg

 

RD-6870だけの交換では動かなくなってしまいました。。。。(涙)

 

今回の更新で、FDとRDは同世代でなければ動かなくなりました。

(レバー、ジャンクション、バッテリー関連は大丈夫でした)

 

ですので、RD‐6870 FD‐6770 の組み合わせでは、

レバーの変速スイッチを押しても、FD/RDともにピクリとも動きません。。。

 

IMG_0135.jpg

 

FDの線(Eチューブ)を外すと、RDは動くようになります。

FDとRD両方が接続されると動かなくなるようです。

 

しかしながら、動かなくなったままではいけませんので、

自前で検証をすすめたところ、

 

IMG_0140.jpg

 

BMR‐1(バッテリー台座) のファームウェアのバージョンが

最新になってしまうと動かなくなることが判明しました。

 

今回確認がとれたのは以下です。

 

レバー(ST-6770):ver2.20 最新

ジャンクションA(EW67-A-E):ver2.02 最新

FD(FD-6770):ver2.02 最新

RD(RD-6870):ver2.60 最新

バッテリー台座(BMR-1):ver2.05 以前

 

上記の組み合わせで動きました。

FDの操作も可能ですし、RDに追従した動きもします。

 

しかし、バッテリー台座のファームウェアを

最新:ver3.05にしてしまうと動かなくなります。

 

一度最新版に更新したファームウェアは、

基本的にはもうもとには戻せません。

(その道詳しい方にはできるのかもしれませんが、

少なくとも、メーカーから入手することはできません。)

 

もちろん、動くとは言ってもメーカー保証対象外の組みあわせとなりますので、

自己責任での使用となりますが。。。

 

これまでmix仕様で使ってきたユーザーさんは、

ファームウェアアップデートををすることで

 

使用不能

 

となりますので、mixユーザー様はくれぐれもご注意下さい。

 

2014.08.12 利國真平

 

 

前の記事へ

次の記事へ